アジアパシフィックマスターズゲームズ2018ペナン (陸上競技)

イベント概要

開催期間
2018年09月07日〜2018年09月15日
開催地
 マレーシア ペナン
競技種目
  • ランニング ランニング
  • ウォーキング ウォーキング
  • ゴルフ ゴルフ
  • スイミング スイミング
  • その他 その他
定員数
-
参加申込
参加申込可

またはであってもご家族・お友達の参加申込ができない場合があります。

イベントバナー

パンフレット情報
パンフレット情報

イベントに関連するお知らせ

参加料入金が確認され次第代行エントリーいたします。先着による定員締切となりますので、早めのお申込み及びご入金をお勧めいたします。
本サイトは代行入力サイトとなります。APMGペナン本大会が定員に達した場合はお申込みを受けられない場合があります。ご了承ください。

※下記の競技日程・種目内容はアジアパシフィックマスターズゲームズ大会公式サイトの内容を和訳したものとなります(4月8日現在)。内容については随時変更・修正される可能性がございます。
最新の競技スケジュールを大会公式HPでご確認の上、お申込みいただくようお願い致します。

https://www.apmg2018.com/athletics/

1. 競技日程
アジア・パシフィック・マスターズゲーム2018年大会(APMG 2018)の陸上競技では、どの選手も複数の種別に出場することができます。
APMG 2018大会の陸上競技の暫定日程は以下の通りです。
9/7金 トラック&フィールド
9/8土 トラック&フィールド
9/9日 トラック&フィールド、ロード
9/10月 トラック&フィールド
9/11火 トラック&フィールド
9/12水 トラック&フィールド
9/13木 トラック&フィールド
9/14金 トラック&フィールド
9/15土 トラック&フィールド

❖ 各種目の時間を明記した詳細日程は、確定した時点で掲載いたします。
開会式は2018年9月8日(土)の夜、閉会式は2018年9月15日(土)の夜に予定されています。
日程は、最終的な出場エントリーの状況により変更される場合があります。年齢カテゴリー別の詳細日程は、2017年から2018年の初めまでに策定されます。

2. 競技フォーマット
APMG 2018大会の陸上競技は、次の2つの種別で構成されています。
ロード種目およびトラック&フィールド種目。
登録済みの大会参加者は複数の種別に出場可能です。例えば、ロード種目への出場登録を済ませた選手は、トラック&フィールド種目への登録も選択できます。
各選手は、最高5種目のトラック&フィールド種目に加えて、ロードレースを含めたリレー1種目にエントリーすることができます。
選手は競技ごとのルールに従って、2018年9月7日時点の実年齢に応じた年齢カテゴリーで競技しなければなりません。
いずれかの年齢カテゴリーのエントリー数が必要数に満たない場合、競技実施のために年齢カテゴリーを組み合わせる場合があります。メダルの授与に影響はなく、出場選手には当初エントリーした年齢カテゴリーでメダルが授与されます。
大会の陸上競技の年齢カテゴリーは以下の通りです。
個人 男子:
M30(30歳~34歳)、M35(35歳~39歳)、
M40(40歳~44歳)、M45(45歳~49歳)、
M50(50歳~54歳)、M55(55歳~59歳)、
M60(60歳~64歳)、M65(65歳~69歳)、
M70(70歳~74歳)、M75(75歳~79歳)、
M80(80歳~84歳)、M85(85歳~89歳)、
M90(90歳~94歳)、M95(95歳~99歳)、M100(100歳以上)
個人 女子:
W30(30歳~34歳)、W35(35歳~39歳)、
W40(40歳~44歳)、W45(45歳~49歳)、
W50(50歳~54歳)、W55(55歳~59歳)、
W60(60歳~64歳)、W65(65歳~69歳)、
W70(70歳~74歳)、W75(75歳~79歳)、
W80(80歳~84歳)、W85(85歳~89歳)、
W90(90歳~94歳)、W95(95歳~99歳)、W100(100歳以上)

リレー:
男子および女子:160歳未満、160歳~199歳、200歳~239歳、240歳以上
参加するリレー・チームごとに、4人の選手を登録する必要があります。4選手の年齢の合計によって、そのリレー・チームが出場する年齢カテゴリーが決まります。

2.1 ロード種目
大会期間中、10キロとハーフ・マラソンは同じ日に開催されます。そのため、登録の際には10キロまたはハーフ・マラソンのいずれか1種目を選んでエントリーしなければなりません。以下のロード種目が行われます。

種別 種目 年齢カテゴリー
ロード 10 km        男子/女子:全年齢カテゴリー
ロード ハーフ・マラソン   男子/女子:全年齢カテゴリー

ロード種目にはウォーキング参加で登録することもできます。ただし、どの種目も公道を利用して実施されるため、道路の一部閉鎖または完全閉鎖の許可が必要となります。そのため、レースには一定の制限時間が設けられており、その時刻を過ぎると選手は歩道で種目を継続するか、安全上の理由から途中棄権しなければなりません。

2.2 トラック&フィールド種目
トラック&フィールド種目の日程は、アジア・パシフィック・マスターズゲーム陸上競技プログラムに従います(例外あり)。

以下のトラック&フィールド種目が実施されます。

種別 種目 年齢カテゴリー
トラック 100 m 全年齢カテゴリー
トラック 200 m 全年齢カテゴリー
トラック 400 m 全年齢カテゴリー
トラック 800 m 全年齢カテゴリー
トラック 1500 m 全年齢カテゴリー
トラック 5000 m 全年齢カテゴリー
トラック 10,000 m 全年齢カテゴリー
トラック 80 mハードル M70以上/W40以上
トラック 100 mハードル M40~M69/W30~W39
トラック 110 mハードル M30~M39
トラック 300 mハードル M60~M79/W50~W69
トラック 400 mハードル M30~M59/W30~W49
トラック 2000 m障害物 M60以上
トラック 3000 m障害物 M30~M59
トラック 4 × 100 mリレー160歳未満、160歳~199歳、200歳~239歳、240歳以上
トラック 4 × 400 mリレー160未満、160歳~199歳、200歳~239歳、240歳以上
トラック 1500 mトラック競歩 全年齢カテゴリー
トラック 3000 mトラック競歩 全年齢カテゴリー
トラック 5000 mトラック競歩 全年齢カテゴリー
フィールド 走高跳     全年齢カテゴリー
フィールド 棒高跳     全年齢カテゴリー
フィールド 幅跳び     全年齢カテゴリー
フィールド 三段跳び 全年齢カテゴリー
フィールド 円盤投げ 全年齢カテゴリー
フィールド ハンマー投げ 全年齢カテゴリー
フィールド やり投げ 全年齢カテゴリー
フィールド 砲丸投げ 全年齢カテゴリー

3. 試合会場詳細
APMG 2018 大会の陸上トラック&フィールドの競技が開催される会場は1カ所のみです。会場の駐車場はスペースが限られていますので、APMG 2018は、公共の交通機関のご利用をお願いします。交通機関に関する詳細情報は、後日改めて提供いたします。

会場名     Penang City Stadium
会場所在地 Jalan Perak, 10450 George Town, Penang, Malaysia
会場の連絡先 +60 4-226 2953

3.1. ロード
どの種目も交通規制を敷いた周回コースで実施されます。10キロは1回の「往復」コースで、ハーフ・マラソンのランナーはコースを2周します。
3.2. トラック&フィールド
トラック&フィールドの種目はPenang City Stadiumにおいて行われます。

4. 競技の詳細
4.1. 競技規則
a.アジア・パシフィック・マスターズゲームの陸上競技は、本大会の規約や規則で修正される場合を除き、IAAF(国際陸上競技連盟)の競技規則に従って実施されます。ルール変更には、競技への導入前に、マレーシア陸上競技連盟技術委員会(Malaysian Athletic Federation Technical Committee)の承認が必要です。
b.マレーシア陸上競技連盟は、マスターズ陸上競技大会に関して国際委員(International Official)の役割を定めます。
c.本大会において、どの選手も競技に適したウェアを着用しなければなりません。
d.組織委員会は、セーフティ・ジャッジ(Safety Judge)を指名するものとします。セーフティ・ジャッジは、ある選手が競技中に不適切な行為を行っており、その選手がそのまま競技を続ければ、選手自身の健康だけでなく、ほかの選手の競技にも危険が及ぶと判断した場合には、その選手を競技から退場させる権限を有します。セーフティ・ジャッジは、予備審判を通じてその権限を行使することができ、セーフティ・ジャッジと予備審判はどちらも、そうした存在であることがはっきりわかるようにする必要があります。
e.各種目の集合時間は、なるべくプログラム内で出場者に通知します。どの種目も、印刷されたプログラムに記載された集合時間前に開始されることはありません。
f.可能な場合には、時間短縮のために一部の種目を組み合わせて実施します。各種目の年齢カテゴリーごとに上位3名の選手にメダルが授与されます。

4.2. トラック種目
a.競技全体がトラックのレーンを用いて実施される屋外のトラック種目について、1回目以降のラウンドのレーンは、その直前の予選ステージの成績(タイム)に基づいて決めます。その際の基準は以下の通りです。
1位 第4レーン 2位 第5レーン 3位 第3レーン
4位 第6レーン 5位 第2レーン 6位 第7レーン
7位 第1レーン 8位 第8レーン 9位 第9レーン
直前の予選ステージのレースで、2名以上が同タイムの場合、該当する出場者はくじ引きでレーンを決めます。
b.大会ディレクターまたは大会ディレクターから指名された人物は、レースの組の構成や各組の出走者数を、実際に集合した出場者の数に応じて変更することができます。
c.1回目の予選の各ラウンドは、予定開始時刻に競技を開始します。以降のラウンドは必要に応じてキャンセルされます。決勝はすべて、予定開始時刻に競技を開始します。
d.マスターズ大会の出場者は、どのレースについてもスタート時に、スターティング・ブロックを使用することや、クラウチング・スタート、両手をトラックの上に付けてスタートすることを求められることはありません。
e.いずれのレースにおいても、主任スターター(head starter)が、フライングを行ったと判断した選手には警告が与えられます。同じレースで2回目のフライングが発生した場合、主任スターターが当事者と判断した選手は失格となります。よって、1回のフライングに関する現行のIAAFルールは、本大会では採用されません。

4.3. ハードル種目
a.出場者は、持続的な動きでハードルを飛び越える、すなわち、少なくとも瞬間的に両足が地面を離れている姿勢を確保しなければなりません。

4.4. 障害物種目
a.出場者は、障害物をハードルのように跳び越える、ジャンプして越える、あるいは上部のレールに足をかけて乗り越えても構いませんが、よじ登って超えてはなりません。手や足は障害物の上部にのみ触れても構いませんが、身体のその他の部分が、障害物のどの部分に触れても失格となります。

4.5. リレー種目
a.本大会では、リレー種目は100メートル × 4および400メートル × 4で、次の4つの年齢グループで実施されるものとします。4人の選手の合計年齢で、160歳未満、160歳~199歳、200歳~239歳、240歳以上。
b.本大会では、個々のリレーのレースにおいて、選手は、1チームに限って選手本人の年齢グループよりも低い年齢グループのチームに参加することができます。

4.6. フィールド種目
a.出場者は、自分の用具を使用することができます。ただし、用具は競技の前に組織委員会による点検を受け、承認のマークを得ていること、すべての出場者の利用に供されることを条件とします(該当する用具がある場合、大会前日に組織委員会に提出しなければなりません)。
b.フィールド種目の競技で異なる年齢グループの出場者が含まれている場合、該当するグループの勝者を判断するために、別個の競技とみなされます。したがって、通常の出場者数上限を超える人数が追加的な予選に出場している場合があります。
c.走高跳および棒高跳の競技において、異なる年齢グループの出場者が含まれており、同じ競技グループで跳躍を行っている場合で、ある年齢グループに残されている出場者が1名のみであるとき、その出場者は、ほかの年齢グループのほかの出場者がまだ跳躍を行っている場合であっても、適用されるIAAFの規則において、バーの高さを上げる権利を有します。ほかの出場者は、通常の進行に従って競技を継続し、この特別に設定された高さで跳躍することはできません。
d.ジャンプ種目(走高跳および棒高跳)においては、ゼッケンは1枚だけ必要です。

4.7. 走高跳/棒高跳
a.跳躍時、両足は地面から離れていなければなりません。
b.出場者は、バーをクリアする前に着地エリアに触れることが認められていますが、フィールド審判長(Field Referee)によって判断される通り、着地エリアを都合よく利用してはなりません。

4.8. 投てき種目の用具
a.投てき種目の用具の仕様は、IAAFの競技規則に定める通りであるものとします。

4.9. 記録
本大会で樹立されたすべての記録は自動的に公認され、将来において初代記録とみなされます。

5. テクニカル・ハンドブック
テクニカル・ハンドブックは、マレーシア陸上競技連盟(MAF)が指名した技術代表(Technical Delegate)との協議の上で、組織委員会によって作成されるものとします。
テクニカル・ハンドブックは、本大会が開始する前に作成されます。

6. 競技役員
本大会には、以下の役職が設置されます。
a.審判員(Officials of the competition)は、MAFが指名します。

b.2名の国際競歩審判員(International Race walking judges)は、技術代表と協議の上、MAFが指名します。
c.適格な国際技術委員(International Technical Officials)については、技術代表と協議の上、MAFが最高5名指名する場合があります。


7. 現場の視察と説明会

a.技術委員およびMAF技術委員会の委員は、現場を訪問し、適切なトラック、投てきおよび跳躍エリア、ウォーミングアップ施設や器具などの用意を含め、本大会の準備を行うものとします。

b.本大会のすべての係員は、大会の開会前に、技術委員によって自らの義務と責任について説明を受けるものとします。

8. メダル授与式
メダル授与式は、その競技会場において、その種目が終了した後、執り行われます。そのため、テクニカル・ハンドブックにスケジュールが記載されます。

9. 技術委員
MAFは、APMG 2018大会の陸上競技の技術委員として、PHD Waidyatilaka氏(スリランカ)の指名を承認しています。技術委員は、競技の個別のルールおよび本大会の要件すべての実施を監視します。

イベント情報

クリックして種目情報を見る

リレーに参加される方へ
リレー種目に参加される方は、参加される方全員のお申込みが必要です。ご注意ください。

イベント事務局情報

イベント事務局 JTBスポーツステーション(代行入力)
申込先 JTBスポーツステーション
住所 大阪市南久宝寺町3-1-8 MPR本町ビル9階
電話番号 06-6252-4009
Eメール jtbss@jtb.com
営業時間 9:30~17:30(定休日:土日祝)

イベント規約

各競技のスケジュールについては予告なく変更されることがあります。
スケジュール詳細につきましては、大会公式サイトにてご確認頂けますようお願い致します。
APMG2018の大会公式サイト(https://www.apmg2018.com/sport-list/