アジアパシフィックマスターズゲームズ2018ペナン (サイクリング競技)

イベント概要

開催期間
2018年09月08日〜2018年09月10日
開催地
 マレーシア ペナン
競技種目
  • ランニング ランニング
  • ウォーキング ウォーキング
  • ゴルフ ゴルフ
  • スイミング スイミング
  • その他 その他
定員数
-
参加申込
参加申込可

またはであってもご家族・お友達の参加申込ができない場合があります。

イベントバナー

パンフレット情報
パンフレット情報

イベントに関連するお知らせ

参加料入金が確認され次第代行エントリーいたします。先着による定員締切となりますので、早めのお申込み及びご入金をお勧めいたします。
本サイトは代行入力サイトとなります。APMGペナン本大会が定員に達した場合はお申込みを受けられない場合があります。ご了承ください。



1 競技日程
アジア・パシフィック・マスターズゲーム2018年大会(APMG 2018)の自転車競技では、男子および女子の個人種目を実施します。
APMG 2018年大会の自転車競技の暫定的な日程は以下のとおりです。
2018/9/8土 ロード・レース(集団スタート) 09:00~13:00
2018/9/9日 マウンテン・バイク 08:00~18:00
2018/9/10月   クリテリウム 08:00~17:00

開会式は2018年9月8日(土)の夜、閉会式は2018年9月15日(土)の夜に予定されています。
日程および時間のすべては、最終的な出場エントリーの状況によって、今後変更される場合があります。各年齢カテゴリー別の詳細なスケジュールは、2018年の初めに策定されます。

2. 競技フォーマット
APMG 2018大会では、以下の2つの自転車競技の種別において、30歳以上の選手が参加できます。
- ロード - ロード・レース&クリテリウム
- マウンテン・バイク(MTB) - クロス・カントリー

本大会では、選手の年齢は2018年12月31日の時点での年齢で決定されます。競技別のルールに従い、選手は、自らの年齢より若い年齢グループにおいて出場することが可能ですが、1種目につき1つの年齢カテゴリーおよび部門にのみ、エントリーすることができます。


自転車競技に登録されたすべての選手は、以下のとおりに年齢制限を定めたカテゴリーで自らの適格な年齢カテゴリーに従い、両方の種別に出場することが認められます。


個人男子 個人女子
カテゴリー名 年齢カテゴリー カテゴリー名 年齢カテゴリー
M1 30~34歳 W1 30~34歳
M2 35~39歳 W2 35~39歳
M3 40~44歳 W3 40~44歳
M4 45~49歳 W4 45~49歳
M5 50~54歳 W5 50~54歳
M6 55~59歳 W6 55~59歳
M7 60~64歳 W7 60~64歳
M8 65~69歳 W8 65~69歳
M9 70~74歳 W9 70~74歳
M10 75~79歳 W10 75~79歳
M11 80~84歳 W11 80~84歳
M12 85~89歳 W12 85歳以上
M13 90~94歳
M14 95歳以上

1つの年齢グループで十分なエントリー数が確保されない場合、競技を実質的に成立させるために、複数のカテゴリーを合同で実施する場合もあります。メダルの授与に影響はなく、個々の選手が当初エントリーした年齢カテゴリーでメダルが授与されます。
APMG 2018大会の自転車競技への参加者はそれぞれ、最大3種目まで登録することが可能です。

2.1. 適格性および除外条件
個々のエントリーは、マスターズの年齢カテゴリーに相当する適格な選手であれば受け入れられますが、特に以下の除外条件が適用されます。
- 直前のシーズンおよび今年度において、世界選手権大会、オリンピック競技大会、大陸競技大会、大陸選手権大会、コモンウェルス・ゲームまたはワールド・カップの自転車競技(対象者をマスターズに限定したレースを除く)に出場したことがある選手
- 今年度/シーズンにおいて、UCI(国際自転車競技連合)の国際カレンダーに掲載されているその他のイベント(対象者をマスターズに限定したレースを除く)に出場したことがある選手
- 直前のシーズンおよび/または今年度において、UCI登録チームのメンバーだった選手
- UCIまたは各国のUCI加盟連盟から出場停止または制裁措置を受けている選手

3. レース
各選手が複数の種目に出場する機会を確保できるように、提案されている2つの種別の自転車競技は、大会中の別の日に実施されます。
ロード種目(ロード・レースおよびクリテリウム)は共に、交通を規制した公道において実施されます。すべての競技者は、トレーニングを行う際に十分に注意し、常にマレーシアの交通規則を遵守しなければなりません。
諸規則に加えて時間制限も設けられており、一定の制限時間を超えた参加者は、安全上の理由から、その特定の種目を棄権するよう求められます。

3.1. ロード - ロード・レース
集団スタートによる個人ロード・レースです。
順位は、UCIの規則第2.3.037項に則り、フィニッシュ・ラインの通過順に従い決定されるものとします。この順位によって、優勝者および順位が決定されます。
距離 年齢カテゴリー
男子 女子
120 KM M1~M4 レースなし
80 KM M5~M8 W1~W2
40 KM M9~M14 W3~W12

3.2. ロード - クリテリウム
レースは通行止めにした1.5キロメートルの周回コースで行われます。UCL規則の第2.7.023項に従った順位付けは、以下の方法で行います。
- 優勝者は最多周回数の競技者とする。
- 周回数が同じ場合は、獲得ポイントによって決める。
- 周回数もポイントも同じ場合は、中間スプリントの勝ち数による。
- 以上においても同等の場合は、最終スプリントの順位による。

周回遅れとなった競技者は、レース棄権を命ぜられる可能性があります。
距離/スプリント 年齢カテゴリー
男子 女子
36.0 KM(24周回 × 8スプリント) M1~M4 レースなし
31.5 KM(21周回 × 7スプリント) M5~M8 W1~W2
27.0 KM(18 周回 × 6スプリント) M9~M14 W3~W12

3.3. マウンテン・バイク(MTB)
大会期間中のシングルデー・クロスカントリー・オリンピック(XCO)種目です。
会場/周長を決定するにあたっては、望ましくは周長4 km~6 kmのレース特性(UCI規則第4.2.001項)に従ったものとします。競技時間は、各種目、1時間~1時間15分に設定します。
距離 男子 女子
40 KM XC M1 & M2 レースなし
30 KM XC M3 & M4 W1 & W2
25 KM XC レースなし W3 & W4
20 KM XC M5以上 W5以上

4. 試合会場の詳細
APMG 2018大会自転車競技は、以下の3箇所の会場で実施されるものとします。
4.1. ロード - ロード・レース(ペナン島巡り)
スタート・ライン Gurney Plaza, Gurney Drive, Penang.
フィニッシュ・ライン JalanTun Sardon Hill Viewpoint, Balik Pulau, Penang.

4.2. ロード - クリテリウム
レース会場 Esplanade, Georgetown Heritage Site, Penang
スタート/フィニッシュ・ライン Penang Mariners' Club, Light Street, Penang

4.3. マウンテン・バイク(MTB) - クロス・カントリー
レース会場 Relau Agro Tourism Centre, Jalan Paya Terubong, 11900 Bayan Baru,
Penang
スタート/フィニッシュ・ライン Relau Agro Tourism Centre Track

5. 競技の詳細

5.1. 競技標準規則 - ロードおよびマウンテン・バイク
基本的な前提として、自転車種目はUCIおよびマレーシア自転車競技連盟(MNCF)の規則に基づき実施されますが、場合によっては、特に装備などに関して、実際の応用に合わせていくつかの技術規則が適用される場合があります。
すべての場合において、技術的な文言が不明確である場合、規則の精神が適用されるものとします。主要な規則については、その明確化のための説明と共に、以下に詳細を記載します。完全なUCIの規則を確認するのは個々の選手の責任です。UCIの規則は、www.uci.ch/inside-uci/rules-and-regulations/regulations/において確認することができます。
本ガイドにおいて異なる説明がない限り、UCI規則のすべてが適用されます。

6. UCI 規則の明確化

6.1. UCI 規則 - Part I - スポーツとしての自転車競技組織
1.1.002 マレーシア居住者以外の競技者は、最低でも自国の国内連盟発行の国内水準のライセンスを所持していなければならない。また、競技者は、マレーシア滞在中のトレーニングおよびレースについて補償する、適切な賠償責任保険および医療保険に加入していなければなりません。
6.2. UCI 規則 - Part III 装備
原則:
1.3.006 自転車は、同径の2つの車輪を持つ乗り物である。前輪は操舵可能で、後輪はペダルとチェーンからなる装置を介して駆動される。
1.3.007 自転車およびその付属品は、スポーツとして自転車を実践するすべての人が使用できるために市販された形式でなければならない。
1.3.008 競技者は、普通その自転車上で着座した姿勢をとらなければならない。その姿勢は、以下の点でのみ支えられていることが必要である:ペダル上の足、ハンドルバー上の手、サドルへの着座。
1.3.009 自転車はあらゆる状況において、完璧に安全に乗車、操縦できるハンドルバーを備えていなければならない。
1.3.010 自転車の推進力は、チェーンセットを介して円運動する脚(下肢の一連の筋肉)のみにより得られるもので、電気その他の補助があってはならない。
1.3.020 自転車のフレームは伝統的形態、すなわちメインの三角を中心に構成しなければならない。これは直管またはテーパー付きチューブ(断面形状が円、楕円、偏平、涙滴形状等)を構成材として構成され、チェーン・ステイとシート・ステイを除く構成材の中心線は常に直線でなければならない。


7. 装備 - パフォーマンス強化
1.3.023  エアロバー/バー・エクステンションは認めるものとする。
1.3.024 フェアリングは認められない - 構造に加えあるいは一体化した、空気抵抗を減ずるものあるいは減少させる効果を持つもの、あるいは人為的に推進力を促進するもの、たとえば保護スクリーン、紡錘形のフェアリング等のいかなる装置も禁止する。



8. 規制免除
8.1. 自転車に関する幾何学的寸法のすべては、なおも「人間が機械より優位である」という一般原則を遵守していなければならず、上記のとおりの伝統的形態のフレームで構成されていなければならない。
8.2. ボトルとケージに関する制限
8.3. 重量


9. 装備 - 安全性
以下の装備は禁止されます。
9.1. クリテリウムおよびロード・レースにおける、トライアスロン用ハンドルバーまたはその他のハンドルバー・エクステンション
9.2. すべてのロード・レースにおける、標準的なロード・バイク用ドロップ・ハンドルバー以外の、あらゆるタイプのハンドルバー(すなわち、MTBハンドルバーは禁じられます。)
9.3. すべてのロード・レースにおける、キャメルバックまたはこれに類似するドリンク・システムを身体に装着すること
9.4. ガラスのボトル
9.5. GoProまたはその他のカメラを自転車またはヘルメットに装着すること
9.6. 集団スタートのロード種目においてのディスク・ホイールまたはバトン・ホイール - 集団スタートの競技には、伝統的車輪のみが認められます(伝統的車輪とは、最小16本の金属スポークを持つものとみなされる。スポークは断面寸法が2.4 mmを超えない丸、扁平または楕円断面で、リムはその断面において各面の間隔が2.5 cmを超えないものとする)。唯一の例外は、認可車輪のリスト通り、UCIによって事前に承認されたホイール・デザインのみです。

10. 自転車に装備されていなければならないもの
- 伝統的な三角形状のフレーム
- 個々の車輪に1つずつ、合計2つの、独立して作動するブレーキ
- フリーホイールのハブ(すなわち、いかなるロード種目においてもフィックス・ホイール(固定ギア)は認められない)
- バーエンド・キャップを付けたハンドルバー


11. 許可されるもの
ディスク・ブレーキ - ロード種目およびマウンテン・バイク種目両方
この規則概要において取り扱われていない状況については、コミセール・パネルが、関連するUCIまたはMNCF規則を適用するものとします。

12. レース規則
すべてのレース規則は、安全性および公平性のために実施されるものとします。


13. ウェア
- ウェアについての制限はありませんが、UCI世界チャンピオン・ジャージは認められません。
- ナショナル・ジャージは着用することができます。
- 常にレース・ナンバーが見えるように取付けられていなければなりません。
- 自転車に乗っている間(トレーニング、ウォーミングアップおよび競技中)は常に、UCI規則に準拠した、公認の安全規格認定ヘルメットを着用しなければなりません。
- ヘルメットはいかなる態様にも改造されてはならず、ストラップ、締め具、内部および外部のシェルはいずれも損傷があってはならず、常に良好な状態でなければなりません。


14. 規律&手順
UCI規則を守るものとします。


15. 選手の経験および安全性
自転車種目の競技にはその性質上、ある程度の危険要素が含まれます。その種目を首尾よく実施するには、レース競技環境における個々の選手の能力や経験が役立ちます。したがって、すべての参加者の安全性を最大限に確保するために、個々の選手には、APMG 2018大会に出場する前に競技環境における組織化された自転車種目に参加した経験があることが推奨されます。APMG 2018大会の自転車競技組織委員会によって、選手が選手自身や他の競技者/役員/観客に危険をもたらすと判断された場合、その選手は競技の開始前または競技の最中のどの時点でもその種目の棄権を命ぜられる場合があります。


16. 自転車競技ライセンス
UCI規則では、UCI、UCI大陸連合、UCI加盟国内連盟(MNCF)によって組織または監督される国際的な自転車競技に出場するためには、全選手ともライセンスを所持していなければならない、と明確に規定しています。本大会でいずれの自転車競技種目に出場するためにも、各選手は、自国の国内連盟発行のライセンスを所持していなければなりません。

マレーシア居住者は、以下のいずれかを所持していなければなりません。
- 「大会専用ライセンス」(APMG 2018大会自転車種目に限り有効)
- 2018年マレーシア自転車競技連盟(MNCF)成人競技者用ライセンス
「大会専用ライセンス(15マレーシア・リンギット)」は、年間MNCF成人競技者用ライセンスを所持していない、マレーシア居住競技者のために発行されます。このライセンスの所持者は、APMG 2018大会に限って参加を認められ、追加のクラブ会員資格の取得は求められません。このライセンスはまた、いかなる形式の保険その他による補償の対象にもなっていません。
海外からの競技者は、少なくとも、自国の国内連盟発行の国内水準のライセンスの所持を求められます。自国の国内連盟発行の国際ライセンスも受け入れられます。すべての海外からの競技者は、マレーシアのペナン島に滞在中のトレーニングおよびレースを補償対象とする、適切な賠償責任保険および医療保険に確実に加入しているよう求められます。
競技者は、競技の開始の前に、参加登録および/または競技会場において、あるいは要請に応じて、物理的なライセンス証(競技者の国内連盟発行のもの)を提示する必要があります。


17. 技術委員
国際自転車競技連合(UCI)は、APMG 2018大会自転車競技の技術委員として、BEATRICE ALFRED LAJAWA(マレーシア)の任命を承認しています。技術委員は、競技別のルールおよび本大会での要件すべての実施を監視します

18. 競技時間
ロードおよびマウンテン・バイクのすべての種目は、日中に行われ、いずれの種別のレースも、午前7時以降に開始されます。


19. 自転車の輸送
APMG 2018大会は、予定されている自転車競技の種別および種目のために、自転車の輸送の支援が必要であることを認識しています。

自転車種目のための自転車輸送の選択肢に関しては、より詳細な情報が、自転車競技開催ガイドの今後の版において提供されます。


20. 用具
個々の選手は、出場する種目に適した自らの自転車、すなわちロード種目にはロード・バイク、マウンテン・バイク種目にはマウンテン・バイク、さらにヘルメット、シューズ、付属品(ウォーター・ボトルおよびテーピング用のテープなどを含む)、練習用のウェアなどを持参する責任を負います。個々の選手にはまた、基本的な工具およびスペア部品(すなわち、タイヤチューブ)も持参することが推奨されます。
APMG 2018大会は、自転車のレンタル、供給品およびメンテナンスに関連するサービスを提供する可能性について検討中です。より詳細な情報は、今後、自転車競技開催ガイドの新しい版が発行されたときに発表されます。


21. トレーニングおよび練習施設
各種目の競技日以外において、ロード・レースおよびクリテリウムの競技ルートは公道であり、選手が利用可能です。選手および他の道路利用者双方の安全のために、競技の前にこれらのコースを自転車で走行するのは、ルートの下見のために限定し、レースや速いスピードでのトレーニングを行ってはなりません。
APMG 2018大会のマウンテン・バイクのコースはマークが付けられ、トレーニングのために利用することが可能ですが、参加者には入場料が請求されます。使用可能日および入場料についての情報は、自転車競技開催ガイドの将来の版において提供されます。


22. 自転車競技テクニカル・マニュアル
レース前情報、レースのルート、および特別な指示を含め、最終的な情報は、APMG 2018大会自転車競技の開催日の1カ月前に発表されます。

イベント情報

クリックして種目情報を見る

エントリー除外条件
-直前のシーズンおよび今年度において、世界選手権大会、オリンピック競技大会、大陸競技大会、大陸選手権大会、コモンウェルス・ゲームまたはワールド・カップの自転車競技(対象者をマスターズに限定したレースを除く)に出場したことがある選手
-今年度/シーズンにおいて、UCI(国際自転車競技連合)の国際カレンダーに掲載されているその他のイベント(対象者をマスターズに限定したレースを除く)に出場したことがある選手
-直前のシーズンおよび/または今年度において、UCI登録チームのメンバーだった選手
-UCIまたは各国のUCI加盟連盟から出場停止または制裁措置を受けている選手

イベント事務局情報

イベント事務局 JTBスポーツステーション(事務代行)
申込先 JTBスポーツステーション
住所 大阪市南久宝寺町3-1-8 MPR本町ビル9階
電話番号 06-6252-4009
Eメール jtbss@jtb.com
営業時間 9:30~17:30(定休日:土日祝)

イベント規約

参加者の皆様にはAPMG2018のウェブサイト(www.apmg2018.com)、ならびにその他の大会に関するコミュニケーションチャネルをチェックして最新情報を確認するようお願いいたします。