第14回豊橋万場クリテリウムロードレース大会

イベント概要

開催期間
2017年09月24日〜2017年09月24日
開催地
愛知県豊橋市 万場調整池
競技種目
  • サイクリング サイクリング
定員数
-

イベントに関連するお知らせ

本年も第13回豊橋万場クリテリウムロードレース大会を開催する運びとなりました。
本大会は自転車競技におけるロードレース人ロの普及拡大と、より多くの全国レべルの選手育成を目的に、より多くの方に参加して頂ける大会をめざし、開催いたします。
皆様のご参加とご協力をお願い申し上げます。

※参加料入金の先着による定員締切となりますので、早めのご入金をお勧めいたします。

イベント情報

クリックして種目情報を見る

開催日/場所
【開催日】
2017年9月24日(日) 小雨決行

【場所】
豊橋市西赤沢町字大坂993 万場調整池
大会本部TEL 参加確認証(ハガキ)に記載します。
競技種目
[A]カテゴリー、組別による個人ロードレース
[B]4時間チームエンデューロ
[C]チームタイムレース(ロードレーサーのみ)
募集カテゴリー
全て自己申告です。主催者はそれを尊重し、なんら関与致しません。

[A]個人ロードレース
(1)末就学児A 3~4歳       0.3km    特設路(0.3×1 ) 50名
(2)未就学児B 5~6歳       0.3km    特設路(0.3×1 ) 50名
(3)小学生 初級           2.75km   周回路(2.75×1) 50名
(4)小学生 上級           5.50km   周回路(2.75×2) 50名
(5)ビギナー 12歳以上男女   13.75km   周回路(2.75×5) 100名
(6)オープン 15歳以上男女    27.50km   周回路(2.75×10) 100名
(7)チャンピオン 15歳以上男女 41.25km   周回路(2.75×15)  50名

[B]4時間チームエンデューロ
12歳以上 4名以内(1名でもチームとします) 100組
(8)エンデューロМ:ロードレーサー男子のみの構成チーム、
(9)エンデューロL:ロードレーサー女子が混成されたチーム(女子1名以上)

[C]チームタイムレース
(12)チームタイムレース
中学生以上男女。[A][B]競技参加者のみ(チームタイムレースのみの参加はできません)
5.50km 周回路(2.75X2)
1チーム3名以上4名までとし、3人目を記録とします。使用自転車はロードレーサーのみ。チームゴール時に先頭・3番車までの間隔が6車身(約10m)以上の場合、失格となります。
(注)クロスバイクはロードレーサーに分類します。
参加資格
◆主催者と共にモラルの向上に努め、文中のご注意・お願いに協カして頂ける方
◆誓約書に自署にてご署名いただける方
◆18歳末満(大会日年齢)の競技者は、参加申込時に保護者の承諾による自署、捺印された
保護者の同意書が必要です。この保護者の承諾のない場合には競技に参加できません。
◆15歳未満の競技者は必ず保護者同伴で参加して下さい。
参加料
[A]個人ロードレース
◆①・② ¥1,000
◆③・④ ¥1,500
◆⑤   ¥3,000
◆⑥   ¥4,000
◆⑦   ¥4,500
[B]4時間チームエンデューロ 1チーム ⑧・⑨ ¥13,000
[C]チームタイムレース     1チーム ⑫    ¥1,500

注)大会当日、雨天等で中止の場合であっても、参加料の返金は致しません。
参加料の主催者領収書が欲しい方は当日受付に申し出て下さい。
大会スケジュール
(時間の変更もあります。余裕を持ってご来場下さい)
受付                     7:00 ~
開会式、競技説明             8:00 ~
⑫チームタイムレース           8:30 ~
⑧、⑨4時間チームエンデューロ    9:30 ~
①、②未就学児              13:40 ~
④小学生上級               14:00 ~
③小学生初級               14:01 ~
試走  小学生初級終了後1周回のみ ~14:20
⑤ビギナー                 14:30 ~
⑦チャンピオン               15:00 ~
⑥オープン                 15:01 ~
個人ロードレースの試走は、スタート前に1周回のみ時間を設けます。
競技規則
本大会は(財)日本自転車競技連盟規則に準じ、本大会特別規則によって実施します。本大会特別規則は本大会のための規則であり、他の競技大会に適用されたり、先例となるものでは有りません。
参加上の注意事項
1)コース内の走行は十分留意し、参加者同士ルールを守り、事故を起こさないようにしましよう。又競技中の事故による負傷等について応急処置は主催者側で行いますが、その後の処置は参加者本人の責任とします。
万一の競技中の事故は主催者側にて競技参加者全員に傷害保険をかけてありますので当日、救護所にて救護報告された方で大会終了後、入院治療・後遺障害・死亡となった方は、大会から30日以内に事務局までご連絡下さい。限度額は怪我による死亡.後遣障害が500万円、入院が1日3,000円です。傷害保険限度額以上の補償には応じられません。
2)申込者不参加のため、代わって代理人が出走する事は、認めません。
3)競技、練習中を問わずヘルメット及び手袋の着用を義務づけます。
5)健康保険証をお持ちの方は、当日必ず持参下さい。尚保険証の写しでも結構です。
5)昼食、ゴミ袋は各自持参し、会場周辺の美化に努め各自【ゴミ】は、必ず地元にお持ち帰り下さい。
6)自動車でのご来場は駐車スペースに限りがありますので、なるべく1台の車にて便乗で願います。
(駐車場は万場調整池外周に10台前後ずつ点在)
7)外周道路上に駐車はできません。レッカーにて強制移動の対象になります。
8)すべての競技者は開会式、競技説明に原則的に参加しなければなりません。
使用自転車
1)①~④・⑧⑨のカテゴリーのみロードレーサー以外の使用は認めますが、ブレーキは最低2つ付いており十分動作し、競技上危険となるドロヨケ、キャリア、スタンド等の部品は取り外し、危険な突起物のないものとします。
2)個人レースに関しては、スピナッチ、ティラミス等のエクステンションバー、デルタ、ブルホーン、トライアスリート用ハンドル等の使用はできません。
3)車検は行いませんが、原則、大会前にサイクルシヨップにて点検を受けて下さい。
4)大会当日、整備不良と見られる車両は出走を取り消します。
表彰
各カテゴリー・各組1位~3位までを入賞とします。(5チーム以下の場合は1位のみとします。)チームタイムレースでは表彰はありません。(タイムのみ発表)
その他クラスにより特別賞もあります。計測は計測チップにて行います。計測チップの返却が無い場合は5,000円を大会事務局から請求させていただきます。
競技ルール:全般
①選手は競技開始予定時間15分前までに召集地点に集合し(4時間エンデューロ参加者は使用バイク持参でチーム全員)、出走カードに記名・提出し、集合した順番で整列してください。出走カードに記名無き選手は、たとえゴールラインを通過しても、周回及びゴールを認めません。
②選手は競技中、ヘルメットカバー、計測チップを指示どおりに取り付けて下さい。指示以外の取り付けをし、判定が難しい場合は失格となります。
③試走は予定された時間で1周回のみとなります。
④個人ロードレーススタートは60秒間隔とします。(①~②・〔B〕を除く)
⑤トップ選手がゴールした時点から他の選手もその周回が最終回となります。
⑥競技中、走路では第三者からの機材補給、飲食物の補給は受けられません。
⑦割り込み走行や走行妨害などは他の競技者にとって大変迷感になるばかりか大きな事故につながる恐れがあります、レース中万一蛇行した場合は降格となります。
⑧競技中、競技役員から競技の中止を命じられた競技者は直ちに競技を中止して下さい。
⑨競技中に起きた事故については、その軽重に関わらず、必ずその日に救護役員に届けてください。連絡のない場合は保険金が支払われない場合もあります。
⑩参加選手は危険防止の為、ゴール前後でハンドルから手を離した場合は降格となる場合もあります。
⑪競技途中、リタイヤ及び競技の中止を命じられた選手はゴールラインを通過後新しい周回をしないで下さい。(ゼッケン類、計測チップを外して下さい。)
⑫競技中、機材故障等であっても猶予周回はありません。
⑬レース中はもちろん、競技終了後の申告であっても、走路上に物を捨てた選手はそのレースの失格対象となります。(エンデューロの場合 そのチーム)
⑭中間速報サービスのQRコードは受け付け及び召集場所に提示します。
⑮記録については、各カテゴリーともゴール後早急に着順を発表しますが、結果の配布はありません。大会終了後1週間程度で豊橋自転車競技協会のホームページにて公開いたします。(http://www.tees.ne.jp/~teruo1)
エンデューロのみの競技ルール
①申込後のメンバー変更等は認めません。
②第一走者は競技開始15分前までに決められた召集場所にて参加選手全員分の出走カードを提出してください。(各参加選手が自署して下さい。)
③スタート前の決められた時間内に指定のピットエリアに入ってください。
④ピットエリア(次走者の待機・交代する場所)があり、この場所以外での交代は認められません。また機材補給、飲食物の補給はここでのみ可能です。
⑤一人の競技者が連続して複数の周回を走ることは可能です。
⑥ライダー交代は計測チップおよびヘルメットカバーの受け渡しによって行います。
⑦チーム構成人数分までの自転車台数の使用は可能です。また、当該自転車間での車輌交換等もピットエリアでのみ可能です。
⑧ゴール時間までの周回数が同じ場合は、ゴールの着順によって順位を決定します。
⑨指定された時間経過後の周回が最終回となります。よって ゴールタイムが指定時間(4時間)以上ないと完走となりません。
⑩エンデューロLにエントリーしたチームの第1走者は必ず女子であること。
ご注意
テント・タープ・パラソル・シート等、風に飛ばされる恐れのあるものは一切持ち込みはできません。もし持ち込んだものが飛ばされた時はいかなる方法をとっても回収していただきます。また持ち込んだものは全て持ち出していただきます。(外周道路で無風の状態でも池上ではたえず風があります)ゲートに役員が立っていますので 必ず指示に従って下さい。指示に従えないチームは仮に記録があっても失格とします。この池の水は豊橋市民の飲料水にも使われています。選手・観客・役員全て自覚して保安上・安全面を考え大会に望むことをご注意・お願い申し上げます。
記録
各カテゴリー共、ゴール後早急に受付横で入賞者着順を発表しますが、発表後10分以内に異義の申し立てがない場合は確定とします。異義の申したては選手本人(未成年の場合は保護者同伴)が競技本部へお越し下さい。リザルトの配布はありません。大会終了後1週間以内でホームページにリザルトを掲載しますので、インターネットをご活用下さい。
宿泊について
会場付近は夜間駐車及び宿泊はご遠慮願います。
※会場近くの宿泊施設については、豊橋コンベンション協会(TEL 0532-54-1484)にお問合せの上ご自身にて、ご予約等お願い致します。
お願い
万場調整池の水は一部水道として豊橋南部浄水場へ送水されています。故に今回レースに使わせていただく管理用道路に人為的にポリ袋の1つでも落としますと非常に迷惑をかける事になります。応援・観戦の方もマナーを守って十分お楽しみ願います。
上記理由から 空いた時間に勝手に試走をする という行為を制限させていただきます。
個人情報について
大会事務局によって撮影または事務局の許可を取って撮影された画像・映像の所有権は大会事務局に帰属することとします。大会申込を持って同意したものとします。個人で撮影されたものについてはその限りではありません。ホームページに写真等を掲載することを希望しない人は、事前に申し出てください。なお、これらの画像等を含めた個人情報に関しては、大会運営以外の目的に利用されることはございません。
競技中の撮影について/水道の使用について
【競技中の撮影について】
カメラ等で競技中の撮影は認めていません。

【水道の使用について】
飲用としては可ですがバイク洗車等の使用は不可といたします。ご協力をお願いします。
交通案内
【東名高速道路・23号線バイパスを使って大会に参加される方へのアドバイス】
有料道路を1箇所使いますが 比較的分かり易い道案内です。(豊橋市街を通りません)
最寄になりましたら上記図参照願います。
東名高速道路 豊川ICを降り 豊橋方面へ向かいます。やがて1号線と交差しますが 直進です。
すぐに小坂井バイパスとなります。やがて23号線に交差しますので23号線へ左折します。豊川橋を渡りそのまま南下 大清水インターを降りるというか上ると信号交差点があり、それを右折、そこから豊橋中央病院を越えた信号を左折すると県立豊橋南高校が右側に見えます。そのまま道なりに走行しますと 右側に大きな池が見えてきます。看板に万場調整池と表示してあるところを右折して池の外周道路に当たりましたら右折・左折いずれでも結構です。適当に距離をおいて14箇所ほど 各10台前後の駐車スペースがありますのでそちらに駐車願います。
主催/共催/後援/協力
【主催】
豊橋自転車競技協会
【共催】
公益財団法人 豊橋市体育協会
【後援】
豊橋市、豊橋市教育委員会、中日新聞社
【協力】
独立行政法人 水資源機構 豊川用水総合事業部

イベント事務局情報

イベント事務局 豊橋万場クリテリウムロードレース大会事務局
申込先 豊橋万場クリテリウムロードレース大会事務局
住所 豊橋市野田町野田204-1
電話番号
Eメール tck-jimukyoku@hotmail.co.jp
営業時間

お問い合わせ先

『豊橋万場クリテリウムロードレース大会事務局』
〒441-8001
愛知県豊橋市野田町野田204-1
◆豊橋自転車競技協会 eメール tck-jimukyoku@hotmail.co.jp
問い合わせはメールのみとさせて頂きます。
豊橋市体育協会への問い合わせは不可です。

イベント規約

1)コース内の走行は十分留意し、参加者同士ルールを守り、事故を起こさないようにしましょう。又競技中の事故による負傷等について応急処置は主催者側で行いますが、その後の処置は参加者本人の責任とします。
万一の競技中の事故は主催者側にて競技参加者全員に傷害保険をかけてありますので当日、救護所にて救護報告された方で大会終了後、入院治療・後遺障害・死亡となった方は、大会から30日以内に事務局までご連絡下さい。限度額は怪我による死亡.後遣障害が500万円、入院が1日3,000円です。傷害保険限度額以上の補償には応じられません。
2)申込者不参加のため、代わって代理人が出走する事は、認めません。
3)競技、練習中を問わずへルメット及び手袋の着用を義務づけます。
4)健康保険証をお持ちの方は、当日必ず持参下さい。尚保険証の写しでも結構です。
5)昼食、ゴミ袋は各自持参し、会場周辺の美化に努め各自【ゴミ】は、必ず地元にお持ち帰り下さい。
6)自動車でのご来場は駐車スべースに限りがありますので、なるべく1台の車にて便乗で願います。(駐車場は万場調整池外周に10台前後づつ点在)
7)外周道路上に駐車はできません。レッカーにて強制移動の対象になります。
8)すべての競技者は開会式、競技説明に原則的に参加しなければなりません。