JSS多言語サイトご利用案内

トラベルラン・出張ラン~まほろば編~

皆様は、近鉄奈良駅を起点に、斑鳩町法隆寺まで続く全長21.9kmのサイクリングロード『奈良自転車道』のことをご存知でしょうか。大仏で有名な東大寺の近くから、聖徳太子で有名な法隆寺までを往復するとほぼフルマラソンの距離・・・というのは、歴史好きな方でなくても、一度は走ってみたいと思われるランニングコースではないでしょうか。
今回は、『まほろばラン(奈良公園~平城宮跡編)』と題して、奈良公園のすぐそばにある鴻池運動公園(鴻池陸上競技場)をスタートに、来年遷都1300年を迎える「平城宮跡」まで、奈良自転車道の一部を利用した片道約5kmのランニングコースをご紹介します。
法隆寺

mapNo1No3No4No5No6No7No8No9No2No10No11No12No13No14No15No16No17No18

No1No2
奈良市内に住む私が「鴻池陸上競技場」をスタート地点とするメリットの一つは、無料の広い駐車場にあります。トラベルラン・出張ランを楽しまれる方は、近鉄奈良駅付近に宿を確保し、ウォ-ミングアップを兼ねて、約1.5kmの「鴻池陸上競技場」までお越しください。「鴻池陸上競技場」は、1984年に開催された「わかくさ国体」にむけて造られました。今夏開催の「まほろば総体」に向けて、お色直しが終わったところです。外周には、緑に囲まれた約3kmまでのウォーキングコースが整備されており、春になると、見渡す限り、桜・桜・桜・・・花見ウォークが満喫できます。
鴻池陸上競技場鴻池陸上競技場
No3No4
競技場をスタートすると、まず、車道の横を走りますので、車・通行人にお気をつけください。(車道の横を通過するのは、コース内ではここだけです。)また、コース内の唯一の信号もこの近くにありますが、予めスタート地点で、横断歩道を渡っておけば、回避できます。また、ここは、急な斜面をかけ登る最初の難関ポイントです。(時々既にここで嫌になることがあります)
鴻池陸上競技場
鴻池陸上競技場鴻池陸上競技場
No5No10
急斜面を登りきると、今は無き「奈良ドリームランド」にあった木製コ-スターが静かに佇んでいます。ここからは、約3kmの快適な下り坂です(勿論、行きはよいよい、帰りは・・・ですが)。緑に包まれた真夏でも涼しい自転車道です。ちなみに、私のおすすめ「暗闇ランニング」もこのルートです。(詳しくは、こちらをご覧下さい。
奈良ドリームランド奈良ドリームランド付近
奈良ドリームランド付近奈良ドリームランド付近
奈良ドリームランド付近
奈良自転車道奈良自転車道
途中何箇所か距離が表示されています。以前は、こんな趣のある木の看板(写真(12))もいくつか残っています。
No7
ここは、JR関西本線と国道24号線が並行して走り、その上を市道「ならやま大通り」が交差する、という交通の要の場所です。ランナーは、24号線の下にある地下道をくぐりぬけて走ります。
ならやま大通り
歴史の道歴史の道
地下道をぬけ、民家を過ぎると、いよいよ平城宮跡が近づいてきます。「歴史の道」というだけあって、ただの池と思いきや、由緒ある古墳であったりします。
No9
折り返し地点手前の1キロは、水上池を周回します。午前中には、バードウォッチングを楽しむ人の姿が多く見られます。
歴史の道
歴史の道歴史の道
 約5kmここで折返し地点、そして平城宮跡到達です!!
ここで折り返してもいいのですが、体力が残っていれば、平城宮跡内気ままランニングをお勧めします。行楽シーズンの日中を除けば、どこを走っても伸び伸びと走ることができます。

私の拙い撮影技術では、どこまでその魅力をお伝えできるかわかりませんが、この後は、平城宮跡内ランで出会える景色をご紹介します。中でも、復元整備中の第一次大極殿正殿が、先日その姿を現し始め、白壁や金色の鴟尾(しび)がのぞめるようになりました。これは一見の価値ありです。また、私は、高い建物のない奈良の魅力は、なんといっても「夕暮れ」だと思っています。平城宮跡で夕陽を眺めていると、奈良時代の人もきっとこの景色を見ていたんだという気がします。

いきなり第一次大極殿正殿登場こんな間近で発掘調査中全部見えないところがよりいいのです
いきなり第一次大極殿正殿登場こんな間近で発掘調査中全部見えないところがよりいいのです
過去と現在の共存右を見れば朱雀門左を見れば大極殿というスポットがあります
過去と現在の共存右を見れば朱雀門左を見れば大極殿という
スポットがあります
大好きな夕焼けその(1)大好きな夕焼けその(2)
大好きな夕焼けその(1)奈良といえば・・・大好きな夕焼けその(2)
大好きな夕焼けその(3)ほとんどこんなコースです大好きな夕焼けその(4)
大好きな夕焼けその(3)ほとんどこんなコースです大好きな夕焼けその(4)

今回は、普段私自身がランニングしているコースをご紹介させていただきました。数え切れないほど走ったコースですが、今回、初めて自転車で、撮影しながら通ってみると、今まで気づかなかった景色に出会い、新鮮な心地よさがありました。是非皆様も一度、いつものランニングコースを自転車やウォーキングなさってはいかがですか?
いつかまた、続編「まほろばラン(平城宮跡~郡山編)」をご紹介させていただきます。