JSS多言語サイトご利用案内

第1回城まちわかやまリレーマラソン

開催日:   2011年2月13日(日)
開催場所:  和歌山市/紀三井寺公園陸上競技場
開催種目:  一般の部・シャッフルランの部
ご参加者数: 一般の部 82チーム754名 シャッフルランの部 3チーム30名

JTBスポーツステーションの「地参地走」リレーマラソン企画も、びわ湖大津リレーマラソン(滋賀県大津市)、明石公園リレーマラソン(兵庫県明石市)、スイーツマラソン(なにわラン)の開催を経て、ついに和歌山上陸!
今回も森脇健児さん率いる「森脇健児陸上部」がゲスト参戦。800名近いランナーの皆さんが紀三井寺公園陸上競技場に集結しました。本気モードのチームから、完全にパフォーマンス賞狙いのチームまで、様々なレベルの皆さんが楽しめるところがリレーマラソンのいいところですね!

スタート

前日までは非常に寒く、雪も降っていましたが、当日は一転青空に。そんな中開会式の後、第一走者がスタート地点に整列し、和歌山市観光協会の林泰行副会長による号砲で全チーム一斉にスタートを切りました。

スタート

たすきをつなぐ!

リレーマラソンは42.195kmをチームで走りきる競技。駅伝のごとく、チームで1本のたすきをつないで、ゴールを目指します。

たすきをつなぐ!

パフォーマンス賞!!

 リレーマラソンのもう1つの楽しみは会場を盛り上げていただいたチームに授与される「パフォーマンス賞」。
今回はいろんな仮装で盛り上げてくださった「チームNKM」さんと応援席から元気な応援をしてくださった「チームドコモ和歌山応援団」のみなさんが受賞しました。

パフォーマンス賞!!

ゴール

 ゴールはリレーマラソンおなじみの、「チームみんなでゴール」。
最後はアンカーと一緒にチーム全員でゴールテープを切って、完走の感動を共有します。

ゴール

スタッフコラム

 第1回となる「城まちわかやまリレーマラソン」ですが、地元の多くの皆さんに支えられて無事に終了することができました。会場を盛り上げてくださった森脇健児陸上部の皆さん、賞品をご提供頂いた企業様、大会運営をお手伝い頂きました和歌山陸上競技協会の皆様などのご協力なしにはこうしたイベントは実施できないことを改めて感じたイベントでした。

これからもJTBスポーツステーションは、地域の魅力を発信できるスポーツイベントを通じて、人々の交流機会を作り出し、地域を元気にするお手伝いをしてまいります。