JSS多言語サイトご利用案内

HOME > 第1回 安芸灘とびしま海道オレンジライド2010

ポイントについて 参加申込ガイド メンテンナンス情報はこちら ご利用規約

第1回 安芸灘とびしま海道 オレンジライド2010

開催日:   2010年12月5日(日)
開催場所:  広島県呉市 広島県呉市蒲刈町
開催種目:  フルコース(90km)、ハーフコース(40km)
ご参加者数: 1,108名様

呉市で初めての自転車イベント。実行委員会が立ち上がったのが8月末と時間との戦いの中サイクリストの間では以前から人気のスポットだった「とびしま海道」を会場に第1回目の大会が開催されました。

受付~スタート前

前々日には雨、風の悪天候で島々を結ぶ5つの橋も自転車通行禁止の大ピンチ。・・でしたが当日は奇跡的に快晴・気温15度と12月とは思えない最高のサイクリング日和!

スタート前~受付~

スタート

フルコース(90km)・ハーフコース(40km)の2コースを設定。まずはフルコース参加の776名が地元高校のブラスバンドの演奏を背に受けスタートです。MCの自転車芸人「安田団長」も会場を盛り上げていただきました。

スタート

エイドステーションや閉会式など

開会式には実行委員会会長の呉商工会議所の奥原会頭、副会長の呉市の小村市長にもご挨拶を頂きました。
コース上には2ヶ所のエイドステーション(休憩所)を設けました。それぞれ呉ならではの「食」も楽しんでいただきました。牡蠣の味噌汁(呉は牡蠣の生産量日本一!)、呉名物のB級グルメ「細うどん」、そしてみかん。
その他いろいろな企業様に物販のご協賛を頂きました。

エイドステーションや閉会式など

ボランティアや地元の協力者など

じつは呉市は高齢化率日本一の町なのです。ボランティアにご協力頂いた方も当然、ご高齢の方々。
しかし、大会を成功させよう、島を盛り上げようという意識の中参加者に安全に走って頂けるよういろんな意見をだして頂きご協力を頂きました。(感謝です。)

ボランティアや地元の協力者

ご参加者のお声

ご参加者のお声

大会を振り返って

12月のこの季節は風が強くなる時期で、正直何人完走できるのか不安がありましたが、実際には1108名が参加されて、リタイア者は14名とほとんどの方が完走をしました。天気に助けられたといえ、改めてこの「とびしま海道」がサイクリストに人気なのか再認識しました。

大会を振り返って

スタッフコラム

開催決定から大会当日までの準備期間が短い中、また初めての事で試行錯誤を繰り返し何とか大会当日を迎えました。
最初はスポーツバイクにはスタンドがない事も知らず、また、巷にこんなに自転車好きがいる事も知らず、新しい発見と次々に襲い掛かる難問を何とかクリアをして大会当日を迎えました。今回の大会に携わった一番感じた事は、島の方々や地元の方々のあたたかい協力でした。又、各企業や団体の方々と普段あまり接する事のない業種・組織の方々にお会いができ、繋がりが出来た事でした。この繋がりを大事にしていきたいと思っています。

実行委員会 委員長 桑村 琢さん コメント

広島県呉市と愛媛県今治市を結ぶ7つの島が橋で繋がり、そこを走る自転車を見るたびにこのすばらしい景観をもっとたくさんの人に知ってもらいたい、来て頂きたいとの思いで立ち上げたイベントでした。

開催決定から当日までは本当にたくさんの方々にご協力頂き、応援していただきました。当日ご参加いただいた方々にもいろんなご意見を頂き感謝しております。このオレンジライドがもっとたくさんの人に知って頂き、盛り上がる大会に出来るよう努力していきたいと思っております。
第2回の大会にぜひご期待下さい。

これからもJTBスポーツステーションは、地域の魅力を発信できるスポーツイベントを通じて、人々の交流機会を作り出し、地域を元気にする
お手伝いをしてまいります。
地参地走