JSS多言語サイトご利用案内

HOME > 第1回スイーツマラソン in 大阪(第2回 元気でっせ!関西 なにわラン)

ポイントについて 参加申込ガイド メンテンナンス情報はこちら ご利用規約

第1回 スイーツマラソン in 大阪(第2回 元気でっせ!関西なにわラン)

開催日:   2010年11月28日(日)
開催場所:  大阪市中央区・大阪城公園(メイン会場 太陽の広場)
開催種目:  10km.、ハーフ、リレーマラソン(42.195km.)、シャッフルラン(42.195km.・リレーマラソン)
         2km.の周回コースを基本に走る。
ご参加者数: 1,713名様

快晴の大阪城公園に突如現れた“あま~いイベント”、「スイーツマラソン」はエイドステーションなどでスイーツをお召し上がりいただきながらランニングも楽しむという、新しいコンセプトのランニングイベントです。今回、実行委員会副委員長の私が、この一風変わったイベントの裏表をレポートします。

受付~スタート前

朝に降った雨も上がり、快晴の秋空のもとご参加の皆様が続々と受付をして、大会参加の準備をします。

スタート前~受付~

中にはそろいのコスチュームなどで仮装をした方も・・・

同時開催イベント GREAT SANTA RUN

OSAKAあかるクラブ主催の同時開催イベント「GREAT SANTA RUN」が一足早くスタート!たくさんの、サンタさんのランは圧巻!600人のサンタクロースを見てしまいました。赤い帯が走る。

GREAT SANTA RUN

スタート

種目ごとに時間を分けてスタート。一周2kmのコースなので、ハーフとリレーマラソンは少し離れた場所からスタート。仮装をしたランナーがいっぱい。さすが大阪、笑いのエッセンス満載のランナーがたくさんいました。種目は、10km.、ハーフ、リレーマラソン(42.195km.)、シャッフルラン(42.195km.)です。シャッフルランは当日になって初めてメンバーがわかりますが、皆さん直ぐに打ち解けて楽しく走っていました。スポーツがかもし出す一体感はすごいですね!

スタート

スイーツステーション

今回の大会はなんと言ってもこれが魅力!15種類のスイーツをお試しいただけました。シンボルのマカロンタワーがランナーの皆さんをお出迎え(残念ながらこれは食べられません・・)。スイーツステーションでは、こんなスイーツが提供されました。

出展業者様出展物
重森永信堂人形焼
堂島スウィーツプチキャラ(シュークリーム)
ミニストップソフトクリーム
シトロンマカロン
駅なか浜っ子直産市愛媛みかん いよかん混合ジュース
京はやしやはんなりバウム
住商フルーツバナナの王様 完熟王
ファイテン株式会社ファイテン アクアミルムG
LOTTEパイの実、コアラのマーチ、TOPPO、
ガーナチョコレート、ロッテ チョコレートフォンデュ

通常の大会では、補給をすると直ぐに駆け出すランナーが多いですが、「スイーツステーション」では皆さんじっくりと味わっています。
甘―いものは、皆さんを笑顔にしますね。

スイーツステーション

ボランティア

今回のイベントを支えてくれたのはボランティアの皆さん。
夙川学院大学や社会人のボランティアの皆さんが大会を支えてくれました。
本当に寒い中、お疲れ様でした。

ボランティア

表彰

ファンランイベントですが、頑張った方には表彰もします。
大会結果はこちらからご覧ください!

表彰
上記写真を含め、大会の写真はこちらで販売しております。

ご参加者のお声

ご参加者のお声

その他

スイーツを中心とした物産展も開催されました。
参加者の皆様には、500円分ご購入いただけるクーポンをお渡ししましたので、皆さんたくさんご購入されていました!!

スイーツ物産展

物産ブース紹介

第1回スイーツマラソンはいかがでしたか?
初めての取り組みで、皆様にご迷惑をお掛けした点も多々あったかと思いますが、私たちもご参加いただいた皆様やご協力いただいた皆様の笑顔を見て、これからスイーツマラソンをもっと良いイベントにしていくことができると確信をしました。
スイーツの持つ魅力、ランニングの持つ楽しさ、このイベントに関わる人たちを幸せにして、地域を元気付けることができるよう、スイーツマラソンをこれからも行なっていきます。

スタッフコラム 「スイーツマラソン」って一体・・・。

今回無事終了した「スイーツマラソン」、どのようにして開催に至ったのでしょうか?というご質問をよくいただきます。
そこには、プロジェクトXや情熱大陸に負けないくらいの「熱い人たち」の想いが、そこにはありました。

その中心にいるのが、スイーツマラソン実行委員長の矢島友幸さん(株式会社バリュープラス)
「メドックマラソン」に負けない「スイーツマラソン」を日本で開催できないものか、多くの方が楽しめる、今まで走ったこともないような方も走ってみたいと思うようなランニングイベントを実現したいという想いからスタートしました。

私も、2009年夏に矢島さんと出会い、「スイーツマラソン」の構想を聞きました。その理念に共感し、JTBスポーツステーションでも、運営やエントリーを中心に実現に向けて協力をしていくことになりました。

それから、開催方法を検討しながら冬が過ぎ、2010年4月26日に、第1回実行委員会を開催することになりました。(この日は、とくしまマラソン2010の翌日でしたので、はっきり覚えています)

実行委員会構成メンバーである向井さん(株式会社モンテローザ様)のお店である「笑笑」で決起集会を開き、実現に向けて大きく踏み出しました。

まずは第1回目の開催に向けて、諸般の調整を行なった結果、食い倒れの町・大阪で、11月28日に実施することになりました。
それから、短時間の間で、実行委員会メンバーで協力して、いよいよ開催日を迎えたのです。

実行委員会 委員長 矢島 友幸さん コメント

皆さまのお陰で無事、第一回大会を開催することができました。
スタッフを代表致しまして、改めて心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました!

今後、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国のスイーツを
紹介しながら、地域に密着して開催していく予定です。

老若男女、誰もが楽しめるような美味しい大会に盛り上げてい
きたいと考えておりますので、ぜひ今後ともスイーツマラソンを
よろしくお願い致します!

実行委員会 委員長 矢島友幸さん コメント

これからもJTBスポーツステーションは、地域の魅力を発信できるスポーツイベントを通じて、人々の交流機会を作り出し、地域を元気にするお手伝いをしてまいります。
地参地走