JSS多言語サイトご利用案内

HOME > ハジメて講座~自転車ライド編 Vol.1「自転車イベントの種類を紹介」

ポイントについて 参加申込ガイド メンテンナンス情報はこちら ご利用規約

「ハジメて講座」自転車ライド編

vol1.自転車イベントの種類を紹介~走ってみたい!!自転車イベントを見つけよう!~

タイムを楽しむ?それとも順位を競う?あなたにピッタリの楽しさ見つかります!
自転車イラスト一言で「自転車イベント」と言っても、その種類はさまざま。
そこで、まず自分が出たい大会を選ぶときには、「順位を競い合う」
タイプか、「タイムを楽しむ」タイプの大会かをチェックしましょう!
表
 
レース
順位を競い合いながら、勝ち負けを決めるタイプのサイクルイベントである"レース"。その醍醐味は何と言っても――自分の実力・練習成果を試した結果が、順位という数字で手にできる点にあります。レース中には他の人との駆け引きを繰り広げながら走り、プロ選手のような本格的なレーシング気分を味わえるでしょう。
また年齢別などでクラスを分けている大会が多いので、同じ世代の人とスタートラインに並び、一斉にゴールを目指していく楽しさも人気のポイントです。
レース

ロングライド
それに対して“ロングライド”は、その言葉の通り、長距離を走って完走を目指したり、完走したタイムを楽しむイベント。他の人と競い合うのではなく、自分自身の目標(「距離160kmを走り切りたい」や「5時間以内に完走」)に向かっていく充実感を味わうことができます。
このイベントの多くは景色のいい場所を走るので、旅気分を味わえることも魅力と言えます。毎年9月にハワイで行われる「ホノルルセンチュリーライド」など、海外の絶景コースを走るイベントも人気です。
ロングライド
 
仲間と協力して充実感を味わうのも最高!上がり切った達成感を味わえる大会もあります。

エンデューロ / ヒルクライム
また、仲間とチームを組んで交代しながら(ひとりチームの場合は単独で)一定時間を走り、総走行距離をチーム間で競い合う“エンデューロ”というイベントもあります。さらに、スタートからゴールまで上りコースで行われる“ヒルクライム”というタイプのイベントも高い人気を誇ります。この2タイプは、トップグループは順位を競い合い、その他のライダーは完走やタイムを楽しみながら参加できるので、さまざまなレベルの人がそれぞれレベルに応じて楽しむことができます。
さらに“ヒルクライム”は、上りコースだけを走るので全体的に走行速度が遅く、落車などの事故の危険性が低い点も人気のポイント。
初めてサイクルイベントに参加するビギナーでも、比較的、安全に走ることができるでしょう。
エンデューロ/ヒルクライム
 
自転車注意事項
 
出場したいイベントが決まったら、次は自転車選びを楽しもう!!
自転車選びVol.2「目的別・自転車の選び方」をチェック!→